D&Lトピックス
間際になって困らないための移行方法を教えます!!

Windows Server 2003サポート終了の期限迫る!

2014.04.28掲載

まだ「1年以上」ある? いいえ、もう「1年ちょっと」しかないのです!


2015年7月にサポート終了予定!!お乗り遅れが無いようにご注意下さい!!
Windows XPのサポートが2014年4月9日で終了しました。
さらにWindows Server 2003のサポートも2015年7月終了予定と発表されています。

Windows server 2003のサポート終了に伴い、セキュリティ更新プログラムの終了やソフトウェアサポートが提供されない等の可能性もあり、万が一「ウィルス感染」や「故障」が生じた場合には非常に大きなリスクを伴います。

期限が迫ってからの移行計画では、お客様のご要望に応じた環境が提供できない等の様々な問題が生じる可能性もあるので、早めの移行をおすすめします。

たとえばシステム導入に1年以上かかる場合も


最新のWindows Server 2012に移行する必要性

延長サポート終了後もWindows Server 2003の利用を続けると様々なリスクが生じます。

1.ソフトウェアサポート

OSおよびアプリケーションの動作や不具合について問い合わせようとしても、門前払いになる可能性

2.セキュリティーリスク

サポート終了をきっかけに、悪意を持った第三者による新たな脆弱性発見やウィルスが拡散される危険性

Windows serverに共通した脆弱性


3.ハードウェアの老朽化リスク、拡張性制限・拡張時期のコストデメリット

ハードウェアの老朽化リスク、拡張性制限・拡張時期のコストデメリット


Windows Server 2012への移行例をご紹介

Windows Server 2003を使い続ける課題やWindows Server 2012への移行方法、商材などをガイドブックでご紹介。


PAGE TOP
HOME > 営業支援情報 > D&Lトピックス > 間際になって困らないための移行方法を教えます!!

D&Lソリューション

D&Lオリジナルサービス

Lenovo製品ラインアップ

個人情報の取り扱いについて

Copyright © DiS ダイワボウ情報システム株式会社 All rights reserved.