Lenovo System xの特徴
System xの運用管理

IMM2

OSがハングアップしている場合やシャットダウンしている場合でも、サーバーの健康状態を監視します。ベーシッ ク、スタンダード、アドバンスド機能レベルの3段階の管理機能レベルが提供されており、機能レベルは必要に応じてアップグレード可能です。

コールホーム

保守期間中であれば追加料金なしで利用でき、24時間365日システム監視が行えます。障害自動通報時には、HW障 害イベントのほか構成情報、障害ログも送付され、お客様に設定いただいた連絡先にIBMからご連絡します。

セットアップサポート90

セットアップサポート90は、保障開始日から3か月間、導入時に関する技術的なお問い合わせが可能です

セットアップサポート90問い合わせ方法

Lenovoサイトからお問い合わせ用のフォーマットをダウンロード頂き、必要事項/お問い合わせ内容を記載の上、専用窓口へメールにて送付。詳細はLenovoサイトを参照ください。

  • お問い合わせ

Intel inside® 素晴らしいクラウド体験を
Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Celeron、Celeron Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Ultrabook、Xeon、Xeon Inside、Intel Xeon Phi は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。

PAGE TOP
HOME > D&Lソリューション > Lenovo Systemの特徴 > System xの運用管理

個人情報の取り扱いについて

Copyright © DiS ダイワボウ情報システム株式会社 All rights reserved.