Lenovo System xの特徴
System xにおける障害対策

「運用管理のしやすさ」がもたらすビジネスへの恩恵。Lenovo System x がビジネスシーンで選ばれ続ける理由。

障害予知機能

今まで突然起こるものと考えられていたハードウェア障害ですが、System xではPFA(障害予知)機能により、筐体前面のランプが点灯し、事前に障害の発生を知ることができます。PFAが点灯した筐体は障害発生前でも、故障扱いとなりますので、早期に障害受付センターへ連絡、修理・交換が可能になります。これにより計画的な保守が行え、予期せぬダウンタイムを削減することもできます。

Lenovo System xならではの障害対策機能

診断LED

00061_01.jpg
万一、部品に障害が発生した場合は、その発生箇所をLEDが点滅して指示する『診断LED』を装備しています(PCサーバー本体の基板上に搭載)。診断ツールを使わなくても、障害発生箇所が一目瞭然で、迅速に安定稼働状態へ戻すことができます。
  • お問い合わせ

Intel inside® 素晴らしいクラウド体験を
Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Celeron、Celeron Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Ultrabook、Xeon、Xeon Inside、Intel Xeon Phi は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。

PAGE TOP
HOME > D&Lソリューション > Lenovo Systemの特徴 > System x における障害対策

D&Lソリューション

D&Lオリジナルサービス

Lenovo製品ラインナップ

個人情報の取り扱いについて

Copyright © DiS ダイワボウ情報システム株式会社 All rights reserved.