FalconStor OBD
FalconStor OBD

仮想テープライブラリ+重複排除

FalconStor OBDは、ブロックレベルの重複排除(De-dupe)機能を備えた仮想テープライブラリ(VTL)ソフトウェアです。サーバー内蔵ディスクもしくは外付けディスクストレージをあたかもテープ装置のように扱うことができ、ドライブ数やテープメディアの本数も仮想的に任意指定可能(*1)です。
これにより、面倒なテープの交換や管理から解放される他、複数ジョブの同時書き込みにも対応する為、従来のテープ装置と比べて飛躍的なパフォーマンスの向上が見込めます。その上、重複排除機能を備えているので、保存されるデータは重複排除後のオリジナルデータのみとなり、バックアップストレージの大幅な容量削減にも貢献します。

(*1)仮想ライブラリ数:4 / 仮想ドライブ数:16 / 仮想テープ数:1,024

バックアップ用ストレージ

現在、物理テープ装置をお使いのお客様においては、エミュレート機能により、FalconStor OBDがこれまでお使いの物理テープ装置になり替わってご利用頂くことができます。また、既にディスクバックアップをお使いのお客様でも、FalconStor OBDはNAS(ネットワークストレージ)としてもご利用可能な為、いずれのケースにおいてもこれまでの運用を大きく変えることなくご導入頂けます。

【このような課題をお持ちではないですか?】
  • ディスクバックアップを導入したいが運用は変えたくない
  • バックアップが夜間だけでは終わらなくなって来たので高速化を図りたい
  • データ量の増加に伴うバックアップストレージの肥大化をどうにかしたい

PAGE TOP
HOME > D&Lオリジナルソリューション > FalconStor OBD > FalconStor OBD

D&Lソリューション

D&Lオリジナルサービス

Lenovo製品ラインアップ

個人情報の取り扱いについて

Copyright © DiS ダイワボウ情報システム株式会社 All rights reserved.