おもしろいほど良くわかる!
D&L pedia ― ITワード

D&L pediaをキーワードで検索!

Windows Storage Serverの特徴

Windows Storage Server はファイルサーバーでの使用を目的としたOSで、使用する際には以下の通り制限がある。
①ファイルサーバーとして使用
②バックアップソフトのインストールは可能
③セキュリティソフトのインストールは可能
④管理ツールのインストールは可能

Webサーバーや何か業務アプリケーションを使用したい場合にはWindows Storage Serverは使用できない。

◆Windows Storage Serverを使用するメリット
①CALが不要
クライアントPCからサーバーへアクセスするために必要となるCALは不要のため経費削減をする事が可能。
但し、業務アプリケーションなどはインストールはできない。

②重複削除機能
データをブロック単位で管理するため、圧迫するHDDの容量を効率的に使用する事が可能。

③アクセス管理
部署や個人毎にファイルの参照権限などを設定する事が可能。
Windows Serverでも可能だが、標準機能として比べると、Windows Storage Serverの方がより細かな設定が可能。

④SMB3.0
Windows Server 2012で新たに導入された通信プロトコル。
パフォーマンスやスケーラビリティ、信頼性、暗号化機能などセキュリティが大幅に向上している。

⑤サポートプロトコル
iSCSI・NFSなどもサポートしている。
PAGE TOP

Windows Serverとの違い

Windows Storage Serverの特徴との大きな違い
①サーバーを限定的な使用方法(ファイルサーバーでの使用)
②CAL不要

お客様が既存サーバーをファイルサーバー以外でも使用している場合は、Windows Storage Serverでの導入は行えないので既存サーバーをどのように使用されているか確認をする事が必要。
PAGE TOP
PAGE TOP
HOME > 営業支援情報 > D&L pedia

D&Lソリューション

D&Lオリジナルサービス

Lenovo製品ラインアップ

個人情報の取り扱いについて

Copyright © DiS ダイワボウ情報システム株式会社 All rights reserved.