おもしろいほど良くわかる!
D&L pedia ― ITワード

D&L pediaをキーワードで検索!

仮想化

物理的にある1台のハードウェアを、あたかも複数台のハードウェアが存在するかの如く見せる技術。
サーバーはCPUやメモリの全てを使用しておらず、使用できる部分が余っている事が多い。
この余っている部分を有効活用して、1台の物理サーバー上に複数のOSを稼働させ
ハードウェアの利用効率を高めることが一般的に仮想化を導入するメリットである。

例)
1つの机を1名で使用しているが使える空きスペースがまだある。
その机を2名〜で共有して使うことによって空いているスペースを有効活用するイメージ。
PAGE TOP

仮想化を導入する際の留意点

仮想化を導入する事により、今まで2台〜あった複数のサーバーを統合させ、サーバーの数を減らすことが可能になるが1台毎にあったサーバーを統合するため、統合した1台にトラブルが生じると全ての機能が止まってしまう可能性がある。

このトラブルを回避するためには、
①サーバーの冗長化
②バックアップをとる
ことが必要となる。

サーバー1台毎で使用する場合も考慮する点ではあるが、サーバーを統合する上では、トラブルが発生する可能性をより考慮しておく事が大事である。

Lenovoサーバーには障害予知機能(PFA)と呼ばれる機能が標準で搭載されている。
この障害予知機能を使う事によりダウンタイムをより短くする事ができるようになる。
PAGE TOP
PAGE TOP
HOME > 営業支援情報 > D&L pedia

D&Lソリューション

D&Lオリジナルサービス

Lenovo製品ラインアップ

個人情報の取り扱いについて

Copyright © DiS ダイワボウ情報システム株式会社 All rights reserved.