おもしろいほど良くわかる!
D&L pedia ― 選定のヒント

D&L pediaをキーワードで検索!

IBM-UPS software

IBM-UPS softwareIBM UPS はシステム装置の稼動OSがどのようなものであっても電源のバックアップが可能ですが、管理機能を最大限に生かす為には、付属の IBM UPS Manager Software が動作するOS環境が前提となります。

IBM UPS Manager

製品同梱版および、IBMサイトよりダウンロード可能です。

■対象製品
-UPS 1000VA LCD(53961JX)
-UPS 1500VA LCD(53962JX)
-UPS 1500VA LCD(53951AX)
-UPS 2200VA LCD(53952AX)
-UPS 3000VA LCD(53953AX)
-UPS 3000VA LCD(53953JX)
-UPS 6000VA LCD(53956AX)
-UPS 11000VA LCD(53959KX)

■製品同梱版/IBM ダウンロード版(UPS Management Software CD Image File)について
サポートOS (2012/02/14 release v01.14.0002)
-Microsoft Windows XP Professional (32/64bit)
-Windows Server 2003 Standard/Enterprise R2 (32/64bit)
-Windows Vista Business (32/64bit)
-Windows Vista Ultimate (32/64bit)
-Windows Server 2008 Enterprise (SP2含む)(32/64bit)
-Windows Server 2008 Standard (SP2含む)(32/64bit)
-Windows Server 2008 Standard R2 (64bit)(Hyper-V含む)
-Windows 7 Professional (32/64bit)
-Windows 7 Ultimate (32/64bit)
-Linux Red Hat Enterprise Linux 4 AS/ES (32/64bit)
-Red Hat Enterprise Linux 5 Server (32/64bit)


その他に、EATON社UPS管理ソフトウェア Intelligent Power Manager (IPM)およびIntelligent Power Protector(IPP)も使用可能です。
当ソフトウェアはEATON社のIntelligent Power Software Suite製品群の製品で、IPPは仮想化OSを含む幅広いOSに対応しています。
当ソフトウェアはEATON社の所定のダウンロードサイトからダウンロードし、決められた使用条件の下でご使用ください。
IPPはライセンスフリーです。IPMは10ノードまでの導入はライセンスフリーですが11ノード以上の導入は有償となります。
PAGE TOP

Intelligent Power Manager (IPM)

・ネットワーク上の複数のUPS(別売のネットワークカードを搭載している場合)を検出しWebブラウザやvCenterのコンソールから管理します。
・UPSの入出力電圧やバッテリーのヘルスチェックを行います。
・vCenterやSCVMMと連携し電源異常時にvMotionやLive Migrationのトリガをかけます。
・複数のUPSのF/Wの一括更新など生産性向上ツールを提供します。
・IPPを導入したサーバーのシャットダウン管理を行います。
・Windows上に導入します。
・複数のUPSとサーバーを一元的に管理する場合に適しています。
・UPSとサーバーの接続はシリアル接続とネットワーク接続がサポートされています。USB接続はサポートされません。
ネットワーク接続の場合はIBM LCD UPS ネットワークマネジメントカード(46M4110)を別途購入し装着いただく必要があります。
PAGE TOP

Intelligent Power Protector(IPP)

・電源異常時に導入したサーバーのシャットダウンを行います。
・Webブラウザから容易にアクセスすることができます。
・IPMからリモートで設定の更新や制御を行います。
・VMWare ESX4.0 4.1 ESXi 4.0 4.1  Windows HyperV などの仮想化OSを含む幅広いOSに対応します。
・UPSとサーバーが1対1などのシンプルな構成に適しています。

●サポートOS (v1.28)[2013.01.15調べ]
-Microsoft Windows (x86_64) 7 / 8 / 2012 / 2008 /2008 R2 / Vista / 2003 / XP
-Windows (x86) 7 / 2008 / Vista / 2003 / XP / 2000
-Linux (x86/x86_64) Debian GNU Linux: 5, 6
-SUSE/Novell: SLES 11, OpenSUSE 11.2, 11.4
-RedHat Enterprise Linux: RHEL 5.4, 5.5, 6 ,
-Fedora core 14, 15
-Ubuntu: 10.04 LTS, 10.10, 11.04
-Virtual Environments VMware ESX 4.0, 4.10, ESXi 4.0& 4.1, ESXi 5.0, ESXi 5.1
-Hyper-V and Hyper V Server R1, R2
-XEN Citrix XenServer 5.6 / 6.0, Open Source Xen 2.6 on RHEL 5, Open Source Xen 3.2 on Debian 5.0
-KVM 0.12.1.2 on RHEL 6 and Debian 5
PAGE TOP
PAGE TOP
HOME > 営業支援情報 > D&L pedia

D&Lソリューション

D&Lオリジナルサービス

Lenovo製品ラインアップ

個人情報の取り扱いについて

Copyright © DiS ダイワボウ情報システム株式会社 All rights reserved.