Lenovo Storage S2200/S3200

Lenovo Storage S3200の特徴

  • 帯域の拡張とコントローラあたりのポートを強化
  • 「8/16Gbps FC」、「1/10Gbps iSCSI」、「6/12Gbps SAS」
  • 「8/16G FC」 & 「1G/10G iSCSI」ハイブリッドインタフェース
  • HAのための冗長 (アクティブ/アクティブ) RAIDコントローラ
  • 次世代のホストインターコネクトを意識した設計
  • 標準ドライブと暗号化ドライブを共にサポート

シンプルでスピーディーかつ拡張性を備えた設計

シャーシ

  • 2ラックユニット12ドライブ, 2ラックユニット24ドライブ
  • 最大192ドライブまで拡張
  • 最大7ストレージ・エンクロージャまで拡張
  • システムごとにインタフェースを選択可能
     8ポート x 8/16Gbps FC または
     8ポート x 1/10Gbps iSCSI または
     8ポート x 4X 6Gb/12Gb SAS
     ハイブリッド: 4ポート x iSCSI + 4ポート x FC

パフォーマンスの特徴

  • 120K リード IOPS
  • 6400 MB/秒 リード
  • 5300 MB/秒 ライト

ユニークなテクノロジー

  • リアルタイム・ストレージ階層化
  • バッテリー・フリー・キャッシュ保護
  • 低遅延キャッシュ・ミラー
  • お問い合わせ
PAGE TOP
HOME > D&Lオリジナルソリューション > Lenovo Storage S2200/S3200 > Lenovo Storage S3200の特徴

D&Lソリューション

D&Lオリジナルサービス

Lenovo製品ラインアップ

個人情報の取り扱いについて

Copyright © DiS ダイワボウ情報システム株式会社 All rights reserved.